Copyright © 2016-慢性疾患・自律神経失調症・痛みなど 自然療法院 あさひ 藤井寺 All Rights Reserved.

地図.JPG

では、どうすれば脳が弛緩するのでしょうか?


1、本能の脳の逃避・闘争活動
  外部免疫の過敏反応・・・・・炎症悪化

2、本能の脳の安心・安らぎ活動 

     外部免疫の反応を鈍化・・・・炎症鎮静

 

1、の状態を緊張脳

2、の脳を弛緩脳

という表現で続けていきたいと思います。

 

本能の脳は自分の意識が及ばない無意識の部分ですので、意識的にコントロールすることは困難です。

 

ですから、体に刺激を加えることで、筋肉などの神経ルートを利用することが、一番手っ取り早く弛緩脳に調整してやることができます。

 


一番効果的なのが、ノンストップウォーキングです。

 
以下の条件を満たしてウォーキングを行う方法です。

●止まらずに歩くこと

●一定のリズムで歩くこと

●1秒間に2歩くらいのペースで速足で歩くこと

●20分から40分持続して行うこと

 

それともう一つ。

 

私は、お相撲さん体操と命名していますが お相撲さんが土俵上で対戦直前に行う動きです。


相談にこられた方は、
アトピーの治療に運動療法? と、最初は驚かれます。

でも、医学的に理由を説明すると、理解していただけます。

 


アトピーの治療で、腸内環境が大切であるということをご存知の方は多いです。
 

しかし、


脳内環境を整えるということは、まったく頭にはありま せん。
 

皮膚科の先生や研究者の先生もおそらく少ないと思います。

 


非常に画期的な視点からの療法です。

そもそも胃や腸などの消化器系をコントロールしているのは、自律神経ですからここをクリアしないと、いくら食生活を気を付けても腸管免疫の改善はできません。

 
腸の状態が大切だということは、私もその通りだと感じています。

 

しかし、多くの場合は、脳からの影響が大きいと経験から思っています。
 


暑い!・紫外線が!・寒い!・・・ホコリが!・様々な化学物質が! と、
理由をつ けて躊躇する前に実践しましょう。

 

1日2日ではよくなりませんが、 3か月実践するとだいぶ脳内環境が整ってきます。

 

 
結果が早く出る方だと何割か改善すると思います。

 

なんせ、「ただ」でできる方法なので、経済コストゼロです。
 

漢方薬も健康食品も必要ないのですから。 

​当院では、このこを詳しくご指導しています。