Copyright © 2016-慢性疾患・自律神経失調症・痛みなど 自然療法院 あさひ 藤井寺 All Rights Reserved.

地図.JPG

以前の免疫学では白血球などの免疫細胞は、どこからのコントロールもうけず、単独で活動していると考えられていました。
 

しかし、現在では、自律神経・ホルモン・神経伝達物質などの影響を受けていることが知られています。
 

一時話題になった、
新潟大学・免疫学者 安保教授の自律神経免疫理論をご存知の方も多いと思います。

 

自律神経のうち交感神経・副交感神経の 2 つのバランスの優位性によって、 特定の免疫細胞の数が変わってくるという理論です。
 

自律神経・ホルモン・神経伝達物質などの器官は、脳に中枢があります。
 

したがって、

アレルギーの原因である、ある種の白血球の過敏性をおとなしくさせるには、これらの器官の存在する
『脳』環境を整えれば、 アレルギー治療に効果を発揮するのではないかという推論です。
 

しかし、脳では、思考や感情・本能的な欲求・筋肉や血圧・内臓コント ロールなど、様々な活動が行われています。
 

意識的な活動から無意識的な活動まで、非常に複雑と思われる活動が行われていることが、容易に想像 できます。
 

それらの活動は、電気的な反応や生化学的な反応による微量な化学物質などが支えています。

薬や人為的な手段などを使用せずに、自律神経・ホルモン・神経伝達物質に影響を与えることができるのでしょうか?

当院のアトピー改善はこれに取り組んでいます。