• Toshikazu Yamaguchi

笑って健康

笑顔がステキな人は健康的に見えます。

また、自分自身も笑うことで、元気を取り戻せたりします。



笑顔と健康については、想像以上に深い関係があるということが、

医学的にも証明されつつあります。



ポイントは、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)です。

NK細胞は、人の免疫メカニズムで重要な働きをするリンパ球の一種。

とくに、腫瘍細胞やウイルス感染細胞と闘って、私たちの健康を守ってくれる存在 なんです。



笑いとの関係は、笑うと、目尻が下がり、口角が上がります。



この表情筋の動きが免疫のコントロールセンターである間脳(視床下部)に伝わり、 セロトニンという神経伝達物質が活発に生産されます。


そのセロトニンが、血液やリンパ液によって全身に運ばれ、NK細胞の表面にくっつくことで、その働きが活性化されるのです。



私たちの身体の中では、1日に3000~5000個のガン細胞が発生しているといわれています。


それに対抗してくれるのがNK細胞なんです。




NK細胞の活性化にはセロトニンが重要であり、そのセロトニン生産の鍵を握っている要素の1つが笑い(笑顔)なんです。



楽しいことや面白いことがなくても、意識的に口角を上げて笑い顔を作るだけでも、 セロトニンの生産が活発になるようです。



愛想笑いも、健康には役に立っているようでね(^^♪



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示