• Toshikazu Yamaguchi

歩く「歩幅」が大事


歩くことは健康にいいのは良く知られています。


そして、その歩く「歩幅」によって認知症予防にもつながると、ある研究チームが調べています。


歩幅の狭い人は、歩幅の広い人よりも認知機能が低下するリスクが高く、

歩幅が狭いまま年を重ねると認知症になりやすいと。


歩幅を広げれば、脳と足の間の神経伝達が刺激されて、

脳を活性化する。


その結果、筋肉を多く使い、心肺機能がアップして

気分も前向きに。


ただ歩くだけじゃなく、「歩幅」を意識して認知症予防に

生かしましょう。 #自然療法院あさひ

#あさひ

#藤井寺

#整体

#頭蓋調整

#自律神経

#氣

#自然治癒力

#生命エネルギー

#免疫力

#生体自然療法

#足操術

#お相撲さん体操

#頭痛

#腰痛

#股関節

#肩こり

#骨盤矯正





閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示