• Toshikazu Yamaguchi

【本番に強い・弱いとは・・・】


順天堂大学医学部教授、小林弘幸先生曰く、


ここ一番の勝負のとき、多くの人は、大きなプレッシャーを感じたり、

極度に緊張したりして、無意識に息を止めています。



そして、呼吸が止まると、脳に届く酸素が減り、ネガティブな感情が増幅されてしまいます。




さらに、副交感神経が下がり、抹消の血流が低下する。

それによって、筋肉の感覚にズレが生じて上手く動かなくなって、

練習どおりのことができなくなってしまいます。



これが『本番に弱い』というものの正体なんです♪


会議やプレゼンなどで、ここでは絶対にミスができないというプレッシャーを受けたとき、

人は無意識に呼吸を止めて自律神経が乱れています。



本番で実力を発揮できる人は、自律神経が安定しているかみだれているかの違い。


まずはリズミカルに「鼻で4秒吸って、口で8秒かけて吐く」を実践してみて(^^♪


実は、ゾーンに入っているとき、人は無意識にこの「一対二」という呼吸をしています。 #自然療法院あさひ

#あさひ

#藤井寺

#整体

#頭蓋調整

#自律神経

#氣

#自然治癒力

#生命エネルギー

#免疫力

#生体自然療法

#足操術

#お相撲さん体操

#頭痛

#腰痛

#股関節

#肩こり

#骨盤矯正

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示